Browse Category

未分類

自転車交通事故の責任

人と自転車の交通事故でも、車で事故を起こした場合と対処方法が同じです。怪我の確認をして救急車の手配をする人命救護をしてから、警察に通報します。保険に加入している方でも、事故証明書を発行してもらわないと、損害賠償金の支払い手続きができないからです。保険会社は被害者との示談交渉も含めて行いますが、加害者が被害者に直接お詫びをすることも求められるでしょう。

一例として、小学生の児童が自転車で女性に衝突し、意識不明の重体となった事故では、損害賠償額が9500万円となりました。他にも人と自転車間の交通事故は増えていますが、保険加入をしていないことから裁判に至るケースもあるので、親は子供に注意喚起する必要があるでしょう。

安全ルールとして紹介されているものは、罰則を設けているのでマナーのレベルを超えて必須条件となります。二人乗りは2万円以下の罰金または科料、一時停止と安全確認を怠ると3か月以下の懲役または5万円以下の罰金と明確にしています。車道の通行をしていても、車と同じく左側通行となっており、違反すると3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が示されます。

自転車にも道路交通法が適用され、人と自転車で人身事故が起これば、警察が介入する問題になり責任を負うので注意しましょう。

自転車交通事故の現状

交通事故件数は減少していると言われますが、2015年の交通白書によると、自転車に乗っている際に事故で怪我をした方は10万人を超え、全体の15%程度となっています。さらに最近問題視されているのが、人と自転車の交通事故があります。自転車は系車両に該当するため、道路交通法の適用を受ける乗り物ですが、自動車のように免許を必要としない点が原因だと言われます。

人と自転車の交通事故が注目されるようになってから、特別な場合を除いて「自転車は車道を走行するもの」との認識は広まっています。しかし、実際にはマナーやルールが徹底されていないのが現状でしょう。さらに自転車が人にぶつかって怪我を負わせると、車の人身事故と同レベルの損害賠償金が求められるケースがあるにも関わらず、自転車に関する個人賠償保険の加入率は低くなっています。

人と自転車の交通事故で、物損であれば民事事件となり警察は介入できませんが、人身事故の場合は車と同じく行政処分や刑事処分が適用されます。さらに、車は一定年齢に達してから免許の取得をして乗車しますが、自転車は児童・生徒の年齢から乗車できるのも問題点に上げられるでしょう。保険の加入や損害賠償、示談交渉などがあるので、人と自転車の交通事故は車の交通事故と同じ扱いです。

参考 > http://www.ko2jiko.com/flow/
交通事故の発生から示談までの流れを解説している交通事故被害者救済サイトです。

人と自転車の交通事故

自転車は免許制ではなく誰でも気軽に利用できる交通手段です。しかし、近年は自転車による死傷事故件数も目立つようになり、人と自転車で交通事故が起こった場合の損害賠償額でも注目されるようになりました。安全確認や一時停止、信号を守るなどの基本的な部分の欠如で事故に至っており、若年層が加害者となるケースも増えています。

自転車の運転者が当事者(加害者)となる交通事故では、安全確認義務違反が全体の50.9%、一時不定詞が19.8%、次いで信号無視が8.7%となっています。車と接触することで自転車に乗っている方が事故に遭う場合が最も多く、全体の84.4%ですが、他に自転車同士が2.6%、人と自転車の事故が2.3%程度あります。

それぞれ状況に応じて対応しますが、人と自転車の交通事故でも道路交通法が適用され、相手が怪我をした場合は高額の損害賠償金が求められることもあります。このサイトには、人と自転車の間で交通事故が起こる現状などの情報を掲載しています。子供や高齢者にも関わる問題なので、多くの方に役立つ情報となれば幸いです。

車は法律などを学んだうえで運転免許証を取得していますが、自転車には免許の取得は求められません。自由度が高く利用者も多いのですが、法律の適用を受ける点に関する周知は不十分な面が見られます。しかし、人と自転車で人身事故が起これば、警察が介入するなど大木亜問題になるので、事前の対策が必要となるでしょう。

子供が加害者となり損害賠償金が請求されると、子供には支払い能力がないことから親が支払うこととなり、非常に大きな負担になるので注意しましょう。