Browse Month

7月 2016

人と自転車の交通事故

自転車は免許制ではなく誰でも気軽に利用できる交通手段です。しかし、近年は自転車による死傷事故件数も目立つようになり、人と自転車で交通事故が起こった場合の損害賠償額でも注目されるようになりました。安全確認や一時停止、信号を守るなどの基本的な部分の欠如で事故に至っており、若年層が加害者となるケースも増えています。

自転車の運転者が当事者(加害者)となる交通事故では、安全確認義務違反が全体の50.9%、一時不定詞が19.8%、次いで信号無視が8.7%となっています。車と接触することで自転車に乗っている方が事故に遭う場合が最も多く、全体の84.4%ですが、他に自転車同士が2.6%、人と自転車の事故が2.3%程度あります。

それぞれ状況に応じて対応しますが、人と自転車の交通事故でも道路交通法が適用され、相手が怪我をした場合は高額の損害賠償金が求められることもあります。このサイトには、人と自転車の間で交通事故が起こる現状などの情報を掲載しています。子供や高齢者にも関わる問題なので、多くの方に役立つ情報となれば幸いです。

車は法律などを学んだうえで運転免許証を取得していますが、自転車には免許の取得は求められません。自由度が高く利用者も多いのですが、法律の適用を受ける点に関する周知は不十分な面が見られます。しかし、人と自転車で人身事故が起これば、警察が介入するなど大木亜問題になるので、事前の対策が必要となるでしょう。

子供が加害者となり損害賠償金が請求されると、子供には支払い能力がないことから親が支払うこととなり、非常に大きな負担になるので注意しましょう。